東大記憶法と東大式IT記憶システムのどちらが使える記憶術か?

吉永賢一(よしなが・けんいち)氏の記憶法を試してみた

 

東大記憶法

 

記憶術を習得できるようにステップバイステップでマスターできる
記憶術の初心者の方から取り組める
質問や相談ができるのでなにをしていいかわからなくなったらどんどん利用できる

 

こんなひとにオススメ

  • 記憶術をどうやれば習得できるかわからない方
  • 記憶術の基本から応用まですべてマスターしたい方
  • 勉強・仕事・日常で普通に記憶術を使いたい方

 

特徴

価格

オススメ度

記憶術の習得がしやすい

49800円

東大記憶法,東大式IT記憶システム,ユダヤ式記憶術

 

>>東大記憶法の公式ページはこちら


 

東大記憶法の使った感想

 

吉永賢一

 

小学生の時に記憶術に出合い、自ら記憶術を研究。独自の勉強法や指導法が評判となり、著書『東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法』がベストセラーに。その他書籍多数出版。ブログも読者登録2000名以上の人気ぶり。勉強法、記憶術、読書法などのインタビュー記事も多数。

 

記憶術、必要としている人にとっては魅惑的な響きを持った言葉です。

 

私自身はそう記憶力の良い方でもなく、学生時代も英単語や年号、化学式などを覚えるのに一苦労した経験がありまして、暗記することに苦手意識がありました。

 

そんな私ですが、仕事の都合上どうしても視覚を取得しないといけなくなってしまって非常に困っていたのです。そうした時に見つけたのが表題にしている吉永賢一(よしなが・けんいち)氏による記憶法というものです。

 

吉永氏によりますと、記憶術プラス記憶力ということで記憶法なのだそうです。私はこの吉永氏のことを知りませんでしたが、記憶法の分野では有名な方のようです。

 

東大家庭教師が教える頭が良くなるシリーズの著者の方だそうで、多くの記憶関連のお仕事をなされています。ともかく知識を覚えただけでは試験に対応できるのかという疑問はあったのですが、その点にもしっかりと言及されていたのには驚きました。

 

ただ私が注目したポイントはそこではありません。吉永氏がこの記憶法をメインにして生計を立てられているといったところになります。勉強法や記憶術などの本も出版しており、実際に教えてるという点において、この教材も記憶術が習得しやすくなっていました。

 

吉永氏によると、記憶法とは、まず各個人の記憶力で物事を覚える。次に、個人の記憶力では対応しきれない部分に記憶術を使用する、とあります。

 

自分の記憶力として覚えることは、意識を集中して覚えることによって覚える方法と、書かれている内容を理解することで覚える方法が二つある、と。

 

記憶力を向上させる方法を学ぶことによって、記憶力は伸ばすことができるのだ、と。この自分の記憶力を伸ばすことをせずに、記憶術と言われてもマスターできるはずがないと仰っています。

 

そして、記憶力を伸ばすことをした上で、記憶法を覚えていくことでさらに記憶する力を高めることができるのだと言うことが氏の記憶法の趣旨になります。

 

下準備をして、実際の記憶法に触れていく、つまり2段階で学習するのです。ですが、この方法は即効性を期待している人間にとっては迂遠であるように思えます。

 

事実、吉永氏の記憶法を習得するには90日の時間が標準だとされているのです。よくある教材などでは、購入した後は自分で学習して下さい、というケースがほとんどです。この場合、私の経験上、高確率で途中で放り投げてしまいます。

 

その点、氏の記憶法は良く考えられているのですが、週ごとにメールが届き、教材をダウンロードして学習していくのです。吉永氏自身の音声講義を聞きながら、ノートを取り、講義の最後には課題がだされます。

 

通信教育さながらに、その課題をこなし、提出して学習していくことになります。週に使う学習時間はおよそ10時間、11週間にわたって学習していくのですが、かなり本格的なものだという印象を持ちました。

 

では実際に体験してみた私の感想なのですが、まず教材の中身が懇切丁寧だという点をあげることができます。

 

まさしく先ほどあげたストレッチの段階から入っていくことになるので、これまで他の記憶術にチャレンジしたものの、失敗してしまった、身につかなかったというような方でも臆することなく始めていけるのではないでしょうか。

 

また、じっくりと学習することになるので確かに時間はかかってしまいますが、課題をこなす内に、自分でも記憶法が使えてきているという実感がわきます。

 

些細なことかもしれませんが、この実感が次に繋がっていくモチベーションとなって、さらに学習していきたいと思わせてくれるのです。私は要領が良くありませんでしたので、講義の中でここが大事なポイントですよ、と何度も繰り返してもらえるのはありがたかったです。

 

また、その時の講義の内容を1回1回課題によって実践していくことで、それが身についていく感覚は何とも言えず嬉しかったですね。

 

日常の中で、「あ、こんな時には講義で聴いた方法を使えば良いのか」と気づかされることも多く、単に資格のための勉強以上に役だってくれています。

 

自分では記憶力が悪いと思っていたのが目から鱗が落ちたような感覚で、悪いのは記憶力じゃなくて、記憶するための方法が悪かったのだと気づかせてもらえました。

 

正直に言いますと、記憶法を受講するお値段は決して安価なものではありません。ですが、他のものにその価格を支払う以上にこの吉永賢一氏の記憶法は価値があるものだと個人的には思っています。

 

 

東大記憶法 〜記憶力90日向上プロジェクト〜(記憶法・遠隔セミナー)
吉永 賢一
販売価格:49800円