論文式試験専用記憶術

論文式試験専用記憶術

 

論文式試験専用記憶術

 

論文試験用インプット文章記憶術
論文試験用アウトプット勉強法
記憶アイテムを使用
ライバルをごぼう抜きするランチェスター戦略
カリキュラム終了時は合格レベルに到達

 

こんなひとにオススメ

  • 論文試験を受ける方
  • 文章をラクラク覚えたい方

 

特徴

価格

オススメ度

文章を暗記できる記憶術

10000円

 

論文式試験専用記憶術の公式ページはこちら


 

論文式試験専用記憶術 記憶術


小野 敬人

 

論文式試験専用記憶術なら、あまり勉強時間の取れないサラリーマンや学生時代の勉強から大分遠ざかっている方など、一般に試験勉強においてハンデがある人でも、高校生でも出来る勉強法、記憶術です。

 

商品概要
@記憶術の収録動画(105分+テキスト)・・・択一試験用
A速読術の収録動画(130分+テキスト)・・・論文試験用
B論文試験の記憶術動画(30分+テキスト)・・・長文暗記の記憶術

 

論文式試験専用記憶術の使った感想

 

感想

論文用の記憶術ということでかなり期待して購入しました。文章を暗記できる記憶術ならという思いから飛びついてしまいました。管理人は記憶術マニアなので、記憶術をマスターすることが第一の目的でしたので、あくまでも試験対策ではありませんでした。
これから、司法試験を目指そうというつもりはないのですが、文章を記憶する方法が知りたかったのです。

 

実際にカリキュラム通りにやれば、徐々に文章を記憶できるメカニズムが理解できるようになりました。なるほど、と。

 

論文用アウトプット勉強法では、分かりやすく言うと、択一試験対策。論文用インプット勉強法は論文対策。インプット記憶術でしっかりと文章を記憶できるようになる、というものです。

 

そのためには、速読術の習得も必須になり、実際に試験をうける方のためにスケジューリングもできるようになってます。試験に合格できるようにメンタル面の試験の対策も万全になってます。

 

最初は習得が難しいと思ってましたが、いざはじめてみると論文用記憶術は誰でも出来る内容でした。想像していたものよりはるかに簡単でしたし、何より新しい記憶術を習得できたことに満足です。

 

評価

 

よくある記憶術とは全く違い、文章を暗記できるとなるとやはり価値は高いです。また、論文試験対策用としての記憶術ですが、文章の記憶こそ、受験生や語学の勉強に活かせるのではないかと思いました。

 

また、関連性のないものを記憶するときに使う物語法などと比べると、自分の頭でストーリーを作りますので、どちらかというとそのほうが難しいと感じ、この論文記憶術は逆に易しいです。

 

それから、試験勉強の場合、暗記する文章が初めからありますので、その文章を覚えればいいのですが、実際の試験となると、問題文に答えなければなりませんので、その壁も乗り越えないといけないでしょう。

 

とはいえ、長文を記憶できるインプット法で一気に合格レベルまでもっていける点は資格取得を目指すひとにとってはかなり重宝するように思います。

 

個人的には、文章を覚えられる論文式記憶術が今まで出会った記憶術に比べてメリットを感じていて、頻繁に使っています。実用性がありますからね。日常で本や雑誌を読むときにはぜひマスターしておきたい記憶術だと思います。試験対策用だけではもったいないです。

 

ついでに、速読術もマスターできて一挙両得という感じがします。速読術は、記憶術よりもはるかに簡単ですから,ササッとできるようにするといいと思います。合格までのレベルまで一気に近づきますから。

 

最後にこの教材の評価は、色いろある記憶術の中で、一番最初にマスターしたい記憶術だと思った点と、比較的習得まで易しい記憶術だったこと、日常で使えること、という点が決め手となり最も使える記憶術だと思ってます。

 

論文式試験専用記憶術
販売会社:小野 敬人
販売価格:10,000円

 

購入特典
合格5000円キャッシュバック