東大記憶法と東大式IT記憶システムのどちらが使える記憶術か?

脳のメカニズムを利用した記憶の工夫

大仰に記憶術というほどのものでもありませんが、脳のメカニズムを知っていることによって、日常の中でちょっとした工夫をすることによって、記憶を長持ちさせるといったこともできるのです。

 

ここでは記憶術というまでもない、日常の中でもかんたんにできる工夫といったものを見ていきたいと思います。

 

まず、ものを覚えるときの工夫のひとつとして、書き文字の大きさを変えるという方法があります。これは記憶しやすいように文字を書き換える方法のことです。

 

単純に文字が細く、小さいということであれば印象には残りにくいものであるといってもいいでしょう。そこで、文字を書くときには、太く、大きく書き換えるという方法の出番となります。

 

太く、大きな文字で書くことによって、インパクトが大きくなります。ですので、ノートを取るときなどは、重要な単語などはあえて太く、大きく書くようにしておくといいでしょう。また、文字の色を変えるというのも効果的ですね。

 

一般的には赤色というのがいちばん印象に残りやすいものだとされています。ですので、太く、大きく、赤色で書くということにすれば記憶に残りやすくなるのです。

 

ただ赤よりももっと記憶に残る色があるというのであれば、そちらの色でもかまいません。大事なことはしっかりと使い分けて書いていくということです。

 

次に、内言語法というものがあります。内言語法というのは、自分自身に話しかけながらノートをとるなどして、記憶していく方法になります。場所などにもよるのですが、実際に声をだしながらしていくとさらに効率的です。

 

この英単語はこういう意味だったのか、忘れないように覚えておこう、この公式をここで使うことによって、この問題はすんなり解けるのか、この問題は昨日学校でやった問題だからこの公式で解けるはず、この年号のときにはこんなことがあって、というようにどんなことであっても自分に語りかけながら、腕を動かしていくことで印象に残りやすくなります。

 

最後に、他人に話すことで印象を強化するといった方法があります。

 

たとえば今日学んだことを友だちに話す、家族に話す、などというように繰り返してその内容を話すことによって、記憶は定着しやすいといえるのです。

 

このように日常の中でも少しの工夫で記憶術とまではいかないものの、記憶を印象づける工夫というものがあるのを知っておきましょう。